2017年12月30日

レンタカーの予約は、金額よりも道路状況や利用人数を考えるべき

これから行く所はどんな所ですか?安いからという理由でレンタカーを予約する前に、何人が乗るのか、上り坂はあるのか、道は広いかなどの状況を調べて予約することをおすすめします。例えば4人乗って山道を登るには、力が必要になります。排気量が大きい、馬力がある方が楽に登れて疲れません。

山を走ることが分かっているなら、排気量を考えて予約しよう

九州へ行ったときのこと。阿蘇山は右も左も緑が広がった広大な山でした。所々に牧場が有り、つぶらな瞳の牛を見ることが出来て癒やされます。視界に広がる景色は最高でドライブには最適です。一番安いレンタカーを予約していたので、排気量は1,000CCで力が強い、ターボエンジンでもありません。上り坂に差し掛かると途端に速度が落ちて、なかなか登っていきません。

快適に走っていたけれど、レンタカーが辛そうに坂を登っています。アクセルを強く踏んでも速度が速くなることはありませんでした。上り坂になると、思うように登って行かないストレスを感じてしまいました。排気量を500CC大きくして、もう一つ上のランクのレンタカーを予約するべきだったなと後悔しました。

狭い道が多い、移動距離が少ないときは軽自動車をレンタルしよう

乗り慣れない幅のレンタカーで、知らない道を走るのは不安になります。車に慣れていないなら、軽自動車を予約する事をオススメします。繁華街に行くと道が狭いことが多いです。そして路駐してある車にも出くわします。カーナビでは、道の幅まで教えてくれません。細い道が多そうかどうかを調べておけば走る前の心の準備も出来ます。

軽自動車は移動距離が少ない場合や狭い道は快適に走れます。大きな車では通れない道をすり抜ける事が出来るのも軽自動車ならではです。乗り慣れていない幅のレンタカーでは、気持ちの余裕が無くなってしまいます。旅行して楽しむどころが運転で疲れてしまっては、せっかくの余暇がもったいないです。

人数が多い時もレンタカーの排気量は大きくした方が良いわけ

両親と兄夫婦、妹夫婦で旅行となれば8人が乗ることになってきます。ワンボックスカーをレンタルする事になるでしょう。ワンボックスをレンタルすると、軽自動車よりは高い料金になってしまいます。だからといって排気量が小さいワンボックスカーを予約してしまうと、人の重さで車が速く走れません。

アクセルを踏んでもなかなか加速しないのは、運転手を疲れさせてしまいます。排気量が大きい車というのは、移動が楽です。疲れるだけだったと思われてしまっては、もうレンタカーを運転して貰えないかも知れません。またレンタカーで何処かに行こうと思って貰えるように排気量、車の馬力を考えてレンタカーは予約したほうが良いですよ。