2016年11月4日

レンタカー予約前の確認事項

レンタカーはただ申し込めば利用できるというわけではなく、必要事項がいくつかあります。そのため、それらの事項を確認して納得してからでなければ予約は控えた方がいいでしょう。当日になって必要事項を満たせなかった場合、申し込みがキャンセルになってしまう可能性もあります。

当日までに用意するものの確認

まずは当日までに用意しなければならないものを用意できるかどうかを確認しておくべきです。たとえば、運転免許証があげられます。レンタカー会社からしても余計なトラブルは避けたいので、運転免許証を持っていない人に車を貸すわけにはいきません。そしてもちろん自己申告ではなく、車を借りる当日にお店の人に運転免許証を提示する必要があります。また初心者マーク、高齢運転者マークも普段と同様につけて走行する必要があります。

運転免許証は普通免許、8t限定中型免許、中型免許というように種類がありますが、もちろんその種類ごとにレンタルできる車は変わってきます。たとえば普通免許しか持っていない人がマイクロバスを借りることは不可能なので、注意してください。

それからレンタカー関連団体の会員になっている人はその会員カードを用意するようにしましょう。このカードを提示することで会員サービスが利用できるようになります。割引やポイントプログラムを利用したければ忘れずに活用してください。

支払い方法の確認

それからレンタカー料金の支払い方法についても予約前に確認しておきましょう。代表的な支払い方法はクレジットカードなので、提携クレジットカードを所持している人であれば問題ありません。提携クレジットカードを所持していない場合はそれぞれのレンタカー会社の対応を細かく調べておく必要があります。

現金で支払う場合は別途書類を用意することになる可能性もあります。書類というのはレンタカー関連団体の会員カードや身分証明書、公共料金の領収書など、利用者の氏名、住所、生年月日の記載があるものを指します。現金支払だけでなく、電子マネーやデビットカードといった支払い方法についても同様に別途書類を用意することになる可能性があるので、適宜対応するようにしてください。