レンタカー予約をする時は申し込むサービス内容をチェックする

レンタカーにはさまざまなサービスが含まれている

レンタカーのサービスはただ車を借りられるだけにとどまらず、幅広いサービスが含まれています。それらのサービスは基本料金内で利用することができるので、ぜひとも把握しておくべきです。基本料金外となるサービスについては有料オプションとして利用することができます。旅行の目的によっては有料オプションをつける必要もでてくる可能性があるので、予約する際に気をつけておきましょう。

コースが用意されているケース

レンタカー会社によっては利用するコースを選択できる場合もあります。この場合は選ぶコースによって料金内でできることが変わってくるので、ますます注意しなければなりません。それぞれのコース内容を比較し、予定している旅行に適したコースを選ぶようにしましょう。

どのようなサービスがあるのか

たとえば保険・補償サービスが基本料金に含まれていることがあります。レンタカーは自動車を借りるサービスなので、万が一の事故も考えられます。自動車事故はケースにもよりますが、多くのお金がかかるだけにこういった保険・補償サービスがあるのとないのとでは大違いです。そのため、どれだけ運転に自信があっても保険・補償サービスのあるレンタカーを利用するのがベストです。

保険・補償サービスの確認の仕方についてですが、まず被害を負わせてしまった場合の対人補償、対物補償を見るといいでしょう。対人補償は被害を負わせてしまった人に対して行われる補償で、1名あたりで補償額が決まっています。対物補償は被害を負わせてしまった物に対して行われる補償で、1事故あたりで補償額が決まっています。

それから車両補償です。車両補償は事故で破損した車両に対して行われる補償で、1事故あたりで補償額が決まっています。ただし、車両が特殊なものの場合は補償額が上がる場合があります。

また人身傷害補償も忘れずに確認します。これは搭乗者の死亡やケガに対して行われる補償で、1名あたりで補償額が決まっています。

免責補償制度

「免責補償制度」は任意で利用できる補償です。これに加入すると、初回事故のみですが、事故の免責額を補償してもらうことができます。ただし、運転免許を取得してまもない人や年齢が21歳未満の人、過去に事故を起こしている人などは加入できないことがあります。

投稿日: